コルクマットの販売・通販サイト
コルクの商品開発記.gif
  

2007年07月28日

コルクマットの人気ぶり!

以前よりも、積極的にお客様の声を集めることに
精力を出しています。
サカシタ@店長です!

コルクマットが、今うちのサイトでダントツの1番人気。

でも、もっと驚いたのは、そのお客様の声なんです。

「娘から聞いたんですけど」
「長時間座っても、痛くなりません!」

売り手の私たちよりも、何倍も具体的な良いキャッチコピーに
なりそうなお声を沢山いただいています。

そして、私たちは嘘をつかず、ヤラセもなしで、
これらをコンテンツにして発信していくことが、
みなさんへの恩返しじゃないかな〜と最近思います。

実は、以前はこの「お客様の声」を集めるのに、
私自身、必死でした。

推薦の声がないと、商品なんて見てもらえない・・・
そう思って、レビュー書いてください!と悩んでいました。

最近は、お客様のほうから積極的に教えていただいています。
それを今後、ページに反映させていく予定です!

開発中の商品で、もうすぐ出すことができるものも
数点控えています。
こちらに関しても、積極的に発信していきますよわーい(嬉しい顔)


posted by yaso at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

コルクマットの告知ですよ〜!

まだ販売ではないのですが、予告することが出来るように
なりました。

コルクマット新色

これまで、カラーマットはラグ調にセットを組んで
販売していました。
単色のコルクマットは、バラ売りだけだったんです。

しかし、あるサイトで販売形態を見たときに

「なんで、ウチのコルクマットには
同色セットはないんだ??」


と不思議に思ったわけです。

もうまもなくですが、HPでアップ出来ると思います。
それと同時に、楽天サイトでも準備する予定です。

新色も登場しますので、ぜひお楽しみに!


posted by yaso at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

お洒落なペンスタンド

やそだ@社長です。

ゴールデンウイークに突入!

皆さんはどんな休暇を過ごされるのでしょうか・・・

私は、人出の多い所が苦手なので、人出の少ない近場に遊びにいく程度です。

デスクワークを快適にしたいと思いまして、

こんな物を作って見ました。

  penholder2.jpg      penholder1.jpg  

机の上が煩雑になりがちのためよく使うペンと小物を整頓して収納できる、ペンスタンドを作ってみました。

これ全部がコルクの塊で8mmのコルクの積層し、仕上げに削り、と穴あけを行いました。

  penholder3.jpg      penholder4.jpg


シンプルな作りで、個人的には気に入っています。

もっと使い込んで、機能的に使いやすい物に仕上げたいと、思っています。
ご意見があればお気軽にどうぞ。


posted by yaso at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

コルクウッドデッキの試作

やそだ@社長です。

ずいぶんご無沙汰していました。ふらふら
だいぶ温かくなり、外にでる機会が増えてきました。

以前から、屋外で使える、ジョイントタイプのコルクタイルを
検討していて、ようやく使えそうな物ができました。

手始めに、ホームセンターでウッドデッキを購入してきました。
裏面の木ネジを外し木製デッキの樹脂製の架台を準備。

DSCN2792.jpg        DSCN2796.jpg

コルクデッキの大きさを検討
少し悩み、4パタンのバリエーションを試作することに。手(チョキ)

300*300 300*300サイズ1枚
150*300 75*300サイズ2枚
150*150 150*150サイズ1枚
150*150 75*75サイズ4枚 の3サイズで、4パタンを製作。

この4種類のパタンの組合で、デザイン自由度が良くできると思います。


P1030949.jpg       DSCN2812.jpg


DSCN2828.jpg

使用したニューコルクは厚みが8mmの無垢材を贅沢に使用しました。 
簡単に表情をアレンジできると思います。

従来のウッドデッキは

木製デッキはささくれや割れが発生し、素足でケガをすることも、実は私が経験者わーい(嬉しい顔)
木製のデッキが反りや曲がりが出て、浮き上がることもある。
濡れると滑りやすい。
陶器、セメントタイルは滑りやす。

ニューコルクのウッドデッキは(試作品)

濡れた素足で歩いても滑りにくい。
接触温熱感に優れ、簡単に言うと素足で触れても不快な冷たさを感じません。

考えられる用途は
シャワールーム、ベランダ、テラス、 プールサイド、更衣室、介護向け浴槽のデッキが考えられると思います。

商品化に向けて準備します。
一番の問題はウッドデッキの樹脂製の架台の入手、金型を作ると大変もうやだ〜(悲しい顔)
どなたか、教えて・・・



posted by yaso at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

そういえば、登録してた!GPNデータベース

サカシタ@店長です。

そういえば、3月初めに締め切られた、
グリーン購入データベースの登録をしていたので、
今日はそれがきちんと登録されているか、
確認してみました!

登録したのは、
コルクのマウスパッド

どれどれ・・・手(グー)


・・・やったー!
登録が無事に完了していました!!わーい(嬉しい顔)


ところで、
グリーン購入データベースって、何をするもの?

グリーン購入の際に参考にすべき製品の
環境情報を掲載したもので、

GPN のグリーン購入ガイドラインに則した項目に関する
環境情報、グリーン購入法の判断基準への適合、
価格、基本性能などの
詳細な情報を製品画像とともに提供しているデータベース。

だから、企業さんなどで、
「グリーン購入適合商品を会社で取り入れる!」という
ところが、どんな商品があるか探す場所なんです。


当店のマウスパッドが、適合商品として掲載されました!
・・・ので、基準をパスしたということになります。


グリーン購入データベースから検索するには、
左メニューの「文具・事務用品」

商品分類から選ぶ「OAサプライ用品」から
「マウスパッド」を選択

ページをめくっていくと・・・発見!ぴかぴか(新しい)

ぜひ、ご覧くださいね〜!
posted by yaso at 17:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

滑らない【浴槽マット】2

やそだ@社長です。

ニューコルク製の浴槽マットを試作しました。前回の続きです。



繰り返し、入浴試験をしているといろんな事に気が付きました。ひらめき

滑らない浴槽マットが完成と思いきや・・・

風呂底は滑り止めの大きなエンボス加工があり、

浴槽マットの下にちょっと水流が入ると浴槽マットがいとも簡単に
浮き上がり、沈む過程で浴槽マットがずれる。ふらふら

浴槽マットの幅500mmを最終的に370mmの幅にまで狭くすることで、水流が入り難くなり、ズレの問題が少し改善された。

浴槽マットに開けていた穴数を150個ぐらいにして、浴槽と浴槽マットに入った水をさらに抜けやすくする。
これで、最初の試作から比べ形もかなり変わり、使いやすい物になってきた。

今度は使い勝手をよくするために、使用後に簡単に片付けることが出来るように、ヒモを付けたり、吸盤を付けたり・・・

bathmat3.jpg      bathmat5.jpg

もうしばらく実験を繰り返し、使いやすい物が出来たら販売します。

底がフラットの浴槽は一度底にくっ付くと簡単に動かないことも確認(ステンレス浴槽、FRP浴槽)


このコルクとゴムの複合材は水に沈み、濡れても滑らない特性を活かすと、
水中ウオーキングのマットに良いのではと思っています。

介護向けの浴槽マットの素材にも良いのではと思っています。

通常の物はゴムかシリコンで出来ているためすぐにヌルヌルになり、カビが生えやすい
また小さな吸盤が沢山あり掃除が大変


posted by yaso at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

尻の皮がむけるほど滑らない【浴槽マット】

やそだ@社長です。

ニューコルクで出来た浴槽マットを試作しました。

浴槽マットは風呂に沈めて使う物。

沈むコルクを作ることから始まりました。

表面と、裏面はコルク、中間層はゴムの複合材です。

ニューコルクは比重が0.45で水に沈みません。(普通コルクは比重が0.15前後)

ゴムには比重が重くなるように混ぜ物をこれでようやく
水に沈むコルク素材が出来ました。手(グー)

bathmat2.jpg

bathmat4.jpg

浴槽に水を張り沈むか試験。

最初の製品は沈むまでに時間がかかり、解決策として
浴槽マットを重くするか、穴を明ける2つの方法があり

あまり重くすると扱うのが大変になるため浴槽マットに穴を明けることに。

Φ6の穴を50個明ける、これで沈むスピードが格段に速くなった。手(チョキ)
bathmat1.jpg

準備を整え、入浴試験の開始

いつものように足を入れ浴槽マットと足裏、浴槽底の滑り具合を確認しながら・・・

いつもの風呂なら足裏がキュキュと音がし、足が滑らすことが出来る。
コルクの浴槽マットの場合音すらせずにマットが動かない、

これ以上すると足に負担がくるのでやめる。わーい(嬉しい顔)

今度は浴槽でお湯に浸かりながら中腰の状態から体を滑らして浴槽に入ってみた。
この時、加減をせず行ったため、尻がコルクの浴槽マットに触れたとたん、浴槽マットは全然動かず、私の尻だけが無情にも浴槽マットの上を擦れ、尻の肉がもぎとれたと思った。 痛かったもうやだ〜(悲しい顔)

これほど滑らない浴槽マットなら商品名なると直感。

しかし・・・
使っていくと、ろんな問題点に気が付くもうやだ〜(悲しい顔)


次回につづく



posted by yaso at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

コルク・クッションマット

やそだ@社長です。

昨年9月から、工場との企画商品が完成しました。手(チョキ)

弊社の扱っているエレキカットは静電気はしっかり取れるのだけど、
ちょっと硬いという意見が多かったため。ふらふら

柔らかくできないか
その要望に答えるために立ち上がりました。手(グー)
クッションマット2.jpg              クッションマット.jpg


昨年の9月から工場と意見交換を行い、いろんな要望事項をお願いし
そのため発売時期が遅れました もうやだ〜(悲しい顔)

試作品は割りと早い段階で完成していましたが、耐久性試験、質感、生産性など、技術的な問題など、をクリアーしようやく、コルクの質感をそのままに、さらに柔らかいコルク素材の開発成功しました。パンチ
ご苦労様です。

クッションマット断面.jpg             クッションマット断面2.jpg
↑はクッション断面(こんな技術何処にもないですよ)  ↑この柔らかさ

その結果、市販のクッションマットとあまり変わらない硬さのクッションが完成しました。

もちろん、静電気を取り除く性能はそのままに。


オフィス、家庭などでの静電気対策に今回発売した
ソフトタイプが良いかと思います。

自動車を運転する時は、ハードタイプ(既存品)の方が
良いのではと思っています。

サイトはこちら http://cork.tera-jp.com/



BtoBでもOEM供給品を公開予定です。

.\             快流安.jpg

↑は柿渋塗布和紙+コルククッション       ↑は刺繍タグ貼付
posted by yaso at 15:35| Comment(0) | TrackBack(4) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

こんなトイレマット

やそだ@社長です。

雑貨の本を見ていて、あるページで目が止まりました。

ん・・・それはトイレマットです。ひらめき

私の家、会社では、現在使用していないのですが、

以前使っていた時の問題や失敗を思い出し、ふらふら

ニューコルクでも作れるのでは、まずは試作です。
トイレマット.jpg

以前のマットは位置がずれ、分厚いのでよく足を引掛ける。

最初は良いが、毛足の間にゴミがたまり、洗濯も大変。

もう1つの試作のきっかけになったのは・・・手(グー)

1年前にお年寄りが使われるトイレの床にコルク板を張り、

洋式便座から起き上がる時に、足の踏ん張り用に使用。

コルクの摩擦があるので非常に起き上がりやすいと

好評を得たこと。尿をこぼしても簡単に拭取れ、

においも残らない。
トイレマット2.jpg  トイレマット3.jpg

早速使用して見ました、

便座から起き上がりで、足裏が滑らないので、楽に起き上がれ

ます。

コルクのトイレマットにしてから、トイレスリッパは使用していま

せん。すごく気持ちがよく、快適ですね。わーい(嬉しい顔)

何?? 勿論足の裏です。

これなら、お年寄りから小さい子供まで安心して使用できるトイレ

マットに仕上る事が可能かも手(チョキ)

今回試作した物は今あるトイレに敷くタイプです。

4mmの厚みで裏面にEVAを貼り合せたタイプを使用

強く薄い、クッション性を持たせ、、滑りにくい、抗菌、

汚れたら簡単に洗うこともできる。

色々な試験をして販売したいと思います。


ご期待下さい。パンチ


posted by yaso at 22:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

自宅の風呂が露天風呂に

やそだ@社長です。

本年もよろしくお願いします。

今年初めてのブログになります。

昨年はブログが休みぐせが付いて・・・もうやだ〜(悲しい顔)

昨年はいろんなことを行い、今年は合い間を見て、昨年の蔵出しも行います。

昨年は岩盤浴くブームでいたるころに岩盤浴が出来ていました。

また、家庭で簡単に温泉気分を味わういろんな石が販売されています。いい気分(温泉)

私もためしに自宅の風呂で使ってみての感想は?

温泉効果、お湯の性質が変わり、まろやかに、湯上りは体がぽかぽか。

しかし この石を袋に入れて浴槽に浸けると、

浴槽の底が石の粉でざらざらになり、風呂に傷がつくと思つた。

沢山入れると効果があり良いのですが、吊り下げると結構場所をとる。

効果は良いがデザイン的に何とかと思い。

ニューコルクと石とのコラボです。ひらめき

風呂石1.jpg 風呂石2.jpg
このコルクのパネルは30cm×30cmです。

効果の違う石をニューコルクの板にプレス成型接着した物です。

2種類の石で試作しました、石とコルクの接着強度は十分あります。
風呂石3.jpg 風呂石4.jpg

浴槽にこの試作品を沈めて座っていると尻と足の裏は露天風呂気分。

ざらざら感が心地よく、足裏の刺激でツボ押し効果大と感じました。

今後この試作をどう商品化するかは未定です。

良いアイデイアがあれば教えてください。
posted by yaso at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

お気に入りのカードケース

やそだ@社長です。

インキュベーションセンター(アイバード)に出向くよううになり、
変わったことが1つあります。

事務所の入退出がカードキーになりました。

テレビでよく見かける、首からぶら下げるタイプです。

私も早速カードーホルダーを購入しました。

慣れない為か違和感があり、つい首から外し、
そのまま退出して部屋に入れないことが良くあり、
スタッフに迷惑をかけます。(またですか!)ふらふら

対策

ただ単に店から購入した物を使っているから愛着がわかない。

身に着けていたくなる物に・・・ひらめき

ことにきずき、カードケースをコルクで作って見ました。
カード5.jpg

市販のカードケースに1.5mmのニューコルクを表と裏から張り合わせました。

大きさの違うカードケース2種類を改造してみました。

表面仕上はナチュラル(表面処理なし)
カード1.jpg

柿渋を丹念に塗り重ねた物です。
色艶が出て、革のような表情になりなりました。
カード3.jpg

私は柿渋を塗ったものが気に入っています。

これで首からはずす事も少なくなると思います。

身の回りシリーズでした。
posted by yaso at 23:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

出来ることは、即行動です

やそだ@社長です。

以前VAIOノートを購入した時にノベルティーでもらった、
アルミ製の名刺ケース。
名刺入れ1.jpg  名刺入れ3.jpg
気に入って、ちょくちょく使っていましたが、
鞄の中に入れていると、ノートパソコンとすれ
パソコンに傷がついたり。

ポケットに入れていると携帯電話とすれ傷が付く
こともしばしば。

Kaunet(カウネット)のカタログを見ている時に
金属性のカードホルダーに皮を貼り付けた商品を発見。ひらめき
なかなか良いではないか。

そこで私に出来ることは、即行動です!手(グー)

無機質のアルミのカードホルダーを、
温かみのあるカードホルダーに変身。

薄いコルクを表と裏面に貼ってみました。

デザイン的にも金属とコルクはマッチしてるな〜感じます。

手に持った感触がしっとりして、持ちやすい感触です。

これで、鞄や、ポケットに気にせず入れることが
出来るようになりました。

名刺入れ2.jpg 名刺入れ4.jpg
左は、無塗装です         右は柿渋3回塗です。
柿渋を塗ったものは、高級感が出ます。
手触りは、コルクの風合プラス柿渋のしっとりした感じ。リッチ〜ぴかぴか(新しい)

物珍しさもありつい、人に見せびらかしたくなります。

コルクでリメイク!身の回りシリーズでしたわーい(嬉しい顔)
posted by yaso at 11:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

温故知新 ???

やそだ@社長です。

漆塗りのマウスパッドの試作に成功しました。わーい(嬉しい顔)
見てくださいこの色、ツヤ、何度と試作を繰り返し出来ました。

マウスうるし1.jpg 

コルクの表面が「こぶもく」の木目に似ていて深み、
ツヤがありすごく高級感が出ました。
マウスうるし2.jpg

使用感は・・・
コルクの弾力を残し、漆を塗ることで柿渋の数倍も表面硬度
が達成出来ました。(表面が硬いと滑りやすくなります)

マウスを動かす時の音も抑え、手に伝わる若干の振動も抑え、
移動抵抗が極端少ない感じです。

マウス操作を自在にコントロールでき、
手首が疲れず長時間使用できるものが出来た感じです。手(グー)

これを今後どのように商品に展開して行くかは課題が残ります。ふらふら

自然素材をベースに究極のマウスパッドが出来たて感じでしょうか。

柿渋とベンガラの下地塗り+αと漆を3回塗り重ねています。

伝統工芸と新素材ニューコルクの融合で、温故知新を実感ですね。ひらめき
posted by yaso at 15:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

こんなトレーは・・・

やそだ社長です。

私の場合、急いでいると、車のカギをどこに置いたか忘れます。
そこで、置き場所を決めようと思い、ニューコルクでトレーを作ってみました。
ペントレー0.jpg

早速、調査!
トレーの材質は木製、皮、プラスチック、ガラス、金属等、沢山あり。
デザイン大きさも沢山ありました。

取り合えず、試作を行いました。
ニューコルクの間にアルミの板をサンドイッチしてあり、
自由な形にあとで変える事が出来る試作品です。
ペントレー1.jpg ペントレー2.jpg

机の上が散乱しないように、お気に入りのペンをトレーの上に置いても良いのでは・・・?

トレーが滑りにくく、トレーに置いた物を傷つける事がないと思います。

デザインはもっと検討の余地はありますが、
スペック、仕様はかなり完成度が高いと思っています。
(自分としては・・・ふらふら

販売に向けて、もっと改良、デザインの検討が必要だなあ手(グー)
posted by yaso at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

こういうのは、どうでしょう?

さかした@楽天店長です。

当社では、コルクのマウスパッドとデスクマットを販売していますが、
ちょっと視点を変えて、こんな商品を考えました。

060927_1.jpg
キーボードマットです。

こんな人はいませんか?
・デスクマットは大きいから、大げさだと思う
・マウスパッドは、使っているとずれるのが困る
・とにかく、机の上はきれいに見せたい

そこで、考えたのが、コレです。
このキーボードマットには、こんなことが期待できるんです。
・コルクは静電気を防ぐので、キーボードにホコリが付かない。
・キーボードが押さえてくれるから、マウスパッドが動かない。
・デスクマットほど大きくならず、価格は・・・?


ね?いいコトがいっぱいあるでしょ?
私は正直、デスクマットよりもこちらのほうが
見た目がすっきりしていて好きです!
(社長、ごめんなさいっ!)

ちなみに、
060927_2.jpg
もう1つ、カラーバリエーションを作ってみたんですよ。

こちらは、カラーがシックでいいでしょ?
一瞬、革と見間違うほどの、色つやです。

こちらは加工が細かいのですが、言ってしまうと、
柿渋だけでなく、べんがら、さらに漆を塗ってます。

こうすることで
・色に深みが出ます。
・表面に硬度が増すので、マウスのすべりがよくなります。

といった付加機能が期待できるんです。

こちらはまだHPではご紹介していませんが、
近いうちに登場することは間違いないでしょう!

パソコン周りは、コルクとの相性が機能的/デザイン的にもよいので、
よろしければ、サイトをご覧くださいね!
http://www.tera-jp.com/
posted by yaso at 17:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

新商品!

やそだ@社長です。
ブログが、だいぶご無沙汰になってしまいました・・・

前回から試作を重ねていた、コルクノート。
このたび、やっと製造の目処がつきました!

060923_2.jpg
サイズ違いで、3種類つくりました。
A5/B5/A4のサイズです。

作ってみて、小さいノートが結構こじんまりとして、
使いやすいかもしれない、と思いました。

このノート、あけると結構面白い仕掛けが
してあります。↓
060923_1.jpg
裏側は、きれいな布地で加工してあります。

上から、
ストライプ、ナチュラル、和柄、花柄です。
いろいろと考えましたが、この5タイプを選別してみました。
実は、色合いを考えるのが、重要です。
コルクに合いながら、この布地だけでも主張して欲しかったのです。

060923_3.jpg 060923_4.jpg 060923_5.jpg

コイルは3種類を試してみました。
ダブルリングはしっかりしていて、メジャーですね。
ゴールドを使ってみたのは、コルクの色になじむからです。
下の黒いコイルは、直径が大きいものです。中に入れる枚数を
考えながら選ぶ必要があります。

060923_6.jpg
これはおまけですが、ノートの表紙がはだけないように、
ゴムバンドをつけてみました。
鞄の中にいれて持ち歩くときは、ノートの間に書類などが挟まらずに
便利だと思います。

このノートは、今価格検討中・・・
というよりも、専門家の方々のご意見をお聞きしたいところです。
表紙の素材はコルクというと??と思われるかもしれませんが、
表紙という名にぴったりの、コシがありしっかりしていますよ。

本音はノートメーカーさんにお願いしたいところです・・・
どなたか、いらっしゃいませんか?

posted by yaso at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

マウスパッドを作ってみる?

やそだ@社長です。
楽天の編集が大詰めを迎えました。
あとは、支払い関係の設定開始を待つ間に、残りのページを構築していくだけです。

mousekit_7.jpg
この材料を使って、マウスパッドを自作できるキットを
販売しようと検討しています。

1つは、夏休みだったから。
シーズン的にも、工作などに目が行きやすくなります。

自分でつくると、それだけ大切にするもの。
「自分流」にこだわるヒトには、ぜひオススメです。

こちらは、自社サイトには掲載していません。
楽天店で初の販売になります。

060805_1.jpg
写真撮影も兼ねて、作ってみました。
いくつか、コツがあるようですね。
このポイントは、サイトでも紹介していく予定です。

マウスパッドは、結構好みが分かれると思います。
だから、自分で作るのが一番いいのかもしれません。
posted by yaso at 19:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

PC周りに、またまた登場!

やそだ@社長です。
やっと梅雨らしくなって、じめじめしてきました。
肌がじとっとしますが、気分上々グッド(上向き矢印)です!

また、デスク周りの逸品を作ってみました!
060627_1.jpg
はい、これ、ノートです。

「えっ?ノート??」
そんなにつまらなそうにしないでくださいね。

普段手に取るものが、上質の素材だったら、うれしいと思って。
そしてそれが自然素材なら、なおのこと。
最近は肌に触れるものをよく試作するようになっています。

060627_2.jpg
まず、苦労したのが、このリングの質感。
なかなかいいものが見つからないふらふらこのリングも手作りたらーっ(汗)

リングの大きさや、色、素材。
すべてがそろわないと、素材とのコラボがうまくいかない。
これは試作品だから、とにかくあるものを使ったってカンジだけど・・・

060627_3.jpg
中を開くと、まあ、普通のノートですな。

ただ、コレを見た人が口をそろえて言ったのは・・・

「これ、使った後に捨てるのもったいないよね」

そうなのです!
コルクの質感が思ったよりノートとマッチングがいい。

だから、大事に使ってもらいたいなと思ったのです。
使い方を提案できるように売れたらいいなあ〜手(グー)
posted by yaso at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

ペットブームに乗っていけるか?

やそだ@社長です。
こちら石川では、梅雨入りしたにもかかわらず、晴れていて、
しかも暑い!
みなさんのお住まいはいかがでしょうか。

さて、ホームページの中で、今急いで準備しているのが、

ペットマット。
まだタナページができていませんふらふら
そこで、写真撮影用のサンプルを・・・

060620_1.jpg 060620_2.jpg 
 こちらは大きいものと、小さいものを重ねています。
小さいものをメジャーで図ると、右の写真になります。

060620_3.jpg
ペットとひと言でいっても、さまざまな大きさのイヌやネコたちがいます。
検討して、3タイプくらい作ることになりそうです。

ペットが座るものだから、自分たちもどんな感触か、味わってみよう?
ということで、先ほどお昼休みに寝転がりました。
もちろん、スタッフも強制ですパンチ

「思ったより、ヒンヤリするんですね」
うん、そうなのだ。夏に近いのに、ひんやりするんです。

私は、思いました!

これは、井戸水と一緒ではないか!!!
つまり、夏冷たく、冬にあたたかい、井戸水のことです。
季節に応じて求める温度になるというのは、大変うれしいこと。
ましてペットなどは言葉を話せるわけでもないから、
飼い主さんはそのあたりも、ちょっと気を使ってコルクなんか使うと、
ペットの夏バテも、解消できるかも、です。

ヒンヤリだけではなく、清潔感や丈夫さを兼ね備えています。
大好きなペットの周りはきれいにしておきたい。
爪で引っかいても爪に優しく、床を傷つけない。
そんな望みもかなえることができます。
http://www.tera-jp.com/business/cork/test.html
posted by yaso at 13:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

カーマットはその後・・・?

やそだ@社長です。
先日から調子の悪かったHP編集用のPCが、本日
とうとう修理に旅立ってしまいましたふらふら

先日、実験的に敷いてみたコルクのカーマット。
ちょっとお気に入りなので、助手席の方にも体験してもらおう!
ということで、助手席にも敷いちゃいましたひらめき
060613_1.jpg

運転席と助手席がそろうと、インテリア的にも見た目よし!
また、すべりにくいから助手席に座る人への、心意気よし!

060613_2.jpg
ちなみに、先に敷いた運転席のコルクマットも、
「育って」きました!
汚れといってしまえばそれまでですが・・・「使った味」というかぴかぴか(新しい)

使っていくと、コルクも愛着がわいてくることが分かりました。
肌で触れたり、足で踏むことによって汚れ=味が出ます。
使って良いと思うのは、靴がマットの上で滑らないのと、
車内がホコリっぽく無いのが気に入っています。

060613_3.jpg
でも、少し難点もあります。
それは、砂で少しすべりやすくなる、ということ。
だから、車に乗る前に砂の上を歩いた場合は、
靴の裏を少し払ってから乗ると、防滑効果が生きます!

また、この溝がもう少し広かったら、砂が入り込んでくれるから、
表面の滑りを防止する効果があるんじゃないかな?と思いました!
定期的にレポしていきますよっ!手(チョキ)
posted by yaso at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。