コルクマットの販売・通販サイト
コルクの商品開発記.gif
  

2007年03月28日

尻の皮がむけるほど滑らない【浴槽マット】

やそだ@社長です。

ニューコルクで出来た浴槽マットを試作しました。

浴槽マットは風呂に沈めて使う物。

沈むコルクを作ることから始まりました。

表面と、裏面はコルク、中間層はゴムの複合材です。

ニューコルクは比重が0.45で水に沈みません。(普通コルクは比重が0.15前後)

ゴムには比重が重くなるように混ぜ物をこれでようやく
水に沈むコルク素材が出来ました。手(グー)

bathmat2.jpg

bathmat4.jpg

浴槽に水を張り沈むか試験。

最初の製品は沈むまでに時間がかかり、解決策として
浴槽マットを重くするか、穴を明ける2つの方法があり

あまり重くすると扱うのが大変になるため浴槽マットに穴を明けることに。

Φ6の穴を50個明ける、これで沈むスピードが格段に速くなった。手(チョキ)
bathmat1.jpg

準備を整え、入浴試験の開始

いつものように足を入れ浴槽マットと足裏、浴槽底の滑り具合を確認しながら・・・

いつもの風呂なら足裏がキュキュと音がし、足が滑らすことが出来る。
コルクの浴槽マットの場合音すらせずにマットが動かない、

これ以上すると足に負担がくるのでやめる。わーい(嬉しい顔)

今度は浴槽でお湯に浸かりながら中腰の状態から体を滑らして浴槽に入ってみた。
この時、加減をせず行ったため、尻がコルクの浴槽マットに触れたとたん、浴槽マットは全然動かず、私の尻だけが無情にも浴槽マットの上を擦れ、尻の肉がもぎとれたと思った。 痛かったもうやだ〜(悲しい顔)

これほど滑らない浴槽マットなら商品名なると直感。

しかし・・・
使っていくと、ろんな問題点に気が付くもうやだ〜(悲しい顔)


次回につづく





posted by yaso at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。