コルクマットの販売・通販サイト
コルクの商品開発記.gif
  

2006年03月24日

柿渋の魅力

やそだ@社長です。
インテリアプランナー協会のプレゼンに参加すること2回目。

今日はあいあいケイの会合でいつもご一緒している、まるとも商店の
中山社長が、「柿渋」を紹介されていました。
naka_1.jpg naka_3.jpg

柿渋は昔から防虫、抗菌作用が重視され、
塗料としてだけではなく、漢方薬としても用いられてきたそうです。
それを、現代に生かす姿はまさに、「温故知新」。

いただいたサンプルの、柿渋をしみこませた和紙を触ってみる・・・
naka_4.jpg
破れることもなく、手もみの効果でどんどん和紙がやわらかくなってくるのがよくわかります。
一見、革の質感と見間違うかのようです。


この柿渋、当社のニューコルクと何かコラボレーションできないかと、検討中。
実際、この日プレゼンされた中山社長はいくつものサンプルをお持ちになっていました。
この中で、ニューコルクと組み合わせられるヒントが隠れているような・・・ぴかぴか(新しい)

naka_2.jpg
前回より人数も増えて、にぎやかになっており、話もはずんで、
最後には、「柿」つながりの「柿の種」わーい(嬉しい顔)
サービスが行き届いていて、みなさん大満足でした。

なんと、柿の葉茶まで用意され、とても和やかな雰囲気でした。

その後、漆に関して石川県工業試験場の江頭さんのプレゼンが。
石川県は漆の産地であり、大量消費地です。
ただ、伝統産業が衰退していくなか、漆の研究に携わり、
新しい漆の可能性、市場の開拓を考えておられました。

こちらも、コルクなどと連携できる日がくるかもしれません。


posted by yaso at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント参加情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。