コルクマットの販売・通販サイト
コルクの商品開発記.gif
  

2007年04月24日

コルクウッドデッキの試作

やそだ@社長です。

ずいぶんご無沙汰していました。ふらふら
だいぶ温かくなり、外にでる機会が増えてきました。

以前から、屋外で使える、ジョイントタイプのコルクタイルを
検討していて、ようやく使えそうな物ができました。

手始めに、ホームセンターでウッドデッキを購入してきました。
裏面の木ネジを外し木製デッキの樹脂製の架台を準備。

DSCN2792.jpg        DSCN2796.jpg

コルクデッキの大きさを検討
少し悩み、4パタンのバリエーションを試作することに。手(チョキ)

300*300 300*300サイズ1枚
150*300 75*300サイズ2枚
150*150 150*150サイズ1枚
150*150 75*75サイズ4枚 の3サイズで、4パタンを製作。

この4種類のパタンの組合で、デザイン自由度が良くできると思います。


P1030949.jpg       DSCN2812.jpg


DSCN2828.jpg

使用したニューコルクは厚みが8mmの無垢材を贅沢に使用しました。 
簡単に表情をアレンジできると思います。

従来のウッドデッキは

木製デッキはささくれや割れが発生し、素足でケガをすることも、実は私が経験者わーい(嬉しい顔)
木製のデッキが反りや曲がりが出て、浮き上がることもある。
濡れると滑りやすい。
陶器、セメントタイルは滑りやす。

ニューコルクのウッドデッキは(試作品)

濡れた素足で歩いても滑りにくい。
接触温熱感に優れ、簡単に言うと素足で触れても不快な冷たさを感じません。

考えられる用途は
シャワールーム、ベランダ、テラス、 プールサイド、更衣室、介護向け浴槽のデッキが考えられると思います。

商品化に向けて準備します。
一番の問題はウッドデッキの樹脂製の架台の入手、金型を作ると大変もうやだ〜(悲しい顔)
どなたか、教えて・・・





posted by yaso at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。