コルクマットの販売・通販サイト
コルクの商品開発記.gif
  

2007年04月01日

滑らない【浴槽マット】2

やそだ@社長です。

ニューコルク製の浴槽マットを試作しました。前回の続きです。



繰り返し、入浴試験をしているといろんな事に気が付きました。ひらめき

滑らない浴槽マットが完成と思いきや・・・

風呂底は滑り止めの大きなエンボス加工があり、

浴槽マットの下にちょっと水流が入ると浴槽マットがいとも簡単に
浮き上がり、沈む過程で浴槽マットがずれる。ふらふら

浴槽マットの幅500mmを最終的に370mmの幅にまで狭くすることで、水流が入り難くなり、ズレの問題が少し改善された。

浴槽マットに開けていた穴数を150個ぐらいにして、浴槽と浴槽マットに入った水をさらに抜けやすくする。
これで、最初の試作から比べ形もかなり変わり、使いやすい物になってきた。

今度は使い勝手をよくするために、使用後に簡単に片付けることが出来るように、ヒモを付けたり、吸盤を付けたり・・・

bathmat3.jpg      bathmat5.jpg

もうしばらく実験を繰り返し、使いやすい物が出来たら販売します。

底がフラットの浴槽は一度底にくっ付くと簡単に動かないことも確認(ステンレス浴槽、FRP浴槽)


このコルクとゴムの複合材は水に沈み、濡れても滑らない特性を活かすと、
水中ウオーキングのマットに良いのではと思っています。

介護向けの浴槽マットの素材にも良いのではと思っています。

通常の物はゴムかシリコンで出来ているためすぐにヌルヌルになり、カビが生えやすい
また小さな吸盤が沢山あり掃除が大変




posted by yaso at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品開発記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。